エアコン取り付けのやり方を解説。自分で取り付ける方法も。


エアコン取り付け工事は結構費用がかさむもの。特に引っ越しで複数台ある場合などは、総額がかなり高くなってしまいます。電気工事に少し心得があれば、自分でやってみようかなと思う方もいるでしょう。実際に、自分でエアコン取り付けをすることは手順さえしっかり守れば可能ですし、法律に違反するといったこともありません。このサイトでは、エアコン取り付けのやり方について説明します。自分で取り付けてみようかと検討している方や、工事業者に依頼するけれど事前にどういった流れで取り付け作業がなされるのか知りたい方に参考にしていただければ幸いです。

エアコン取り付けに必要なもの

まず、エアコン取り付けに必要になってくる工具を挙げます。ドライバー、ペンチ、モンキーレンチ、六角レンチ、スパナ、パイプベンダー、トルクレンチ、電動ドリル、真空ポンプ、脚立、パイプカッター、フレアツール、コアドリルです。ただし、作業環境によっても異なってきますので、実際に作業に取り掛かる前に説明書をよく読んで確認してください。作業の途中で工具が足りないということになると危険です。次に、必要な部材として、配管パイプ、ドレンホース、プラブロック、化粧カバー、配管テープ、貫通スリーブ、エアコン配管用パテ、電線、ボードアンカーが必要です。これらの工具や部材は、普段から仕事でエアコン工事をしている人でなければすべて持っているということはないでしょう。工具については、購入してもよいですが、エアコン工事以外ではあまり使わないものもあるため、そういったものについてはレンタルすることをおすすめします。部材は必要なものを購入します。

エアコン取り付けの流れ

エアコン最初に、作業スペースを確保します。室内機をつける場所の周囲1.5メートルくらいはあけておいたほうがよいでしょう。室外機を置く場所の周囲も物をどけておきます。本体や部材を運ぶための導線となる通路も物がひっかかったりしないよう片づけておきます。実際の作業としては、まず室内機の取り付けから始めます。壁に背板を取り付け、次に配管を設置します。そして室内機を背板に取り付けて、室内の作業はまず終わりです。次に外に移動し、室外機の設置を行います。その後配管や配線の接続をし、ポンプを使って配管内の空気を抜く真空引きという作業を行い、ガスが漏れていないか確認します。そして安全が確認されたらガスを開放する、という流れです。

自分では取り付けられないケースもある

上述した流れは、基本工事といわれる標準的な工事の流れです。ですが、この基本工事では済まず複雑な工事になる場合、自分で取り付けるのは危険ですのでやめましょう。具体的には、室外機を壁掛けや天吊り、屋根置きといった特殊な方法で置く場合、鉄筋コンクリートの穴開けが必要な場合、隠蔽配管という配管方法の場合、電源の切り替えコンセントを増設する必要がある場合、大型のエアコンの場合などです。

工事業者に頼むか自分でやるか迷ったら

ここまで読んできて、自分でもやれそうだと思った場合、やってみるか工事業者に依頼するか迷うかもしれません。まず費用面で言えば、ざっくりと言って、1台の取り付けであれば、工具のレンタルや部材の購入をすると、結局業者に依頼するのとさほど変わらない金額がかかります。ですが、複数台であれば安くつく可能性があります。ただ、自分で設置する際に念頭に置いてほしいのが、自分で行った場合、もし作業が途中でうまくいかなかった場合でも設置後しばらくしてうまく動かなくなった場合でも自己責任だということです。自分で作業してしまったら、その後の作業を引き受けてくれない業者も多いですし、エアコンについている○年保障という保障も自分で取り付けたらききません。そういった点を考慮して、後悔のない納得のいくエアコン取り付けをしましょう。

ue reading »',

エアコン取り付けの時に大切な向きの問題


空調機器は、単純に取り付ければいいというわけではありません。効率を考えた設置が重要になってきます。電気代のことを考えても、効率のいい方法を採っていくことによって、省エネにもつながるようになるでしょう。エアコン取り付けということでは、向きを考えていくことが効率化につながっていきます。位置と向きをよく考えながら、エアコン取り付けは考えていかなければいけません。

効率のいい向きは

空調機器エアコンの効率を考えていくと、その分冷えたり暖めたりしやすい使い勝手のいい条件となってくるでしょう。そうなると、その分電力消費もしないで済むようになります。新しいエアコンに変えたりするだけでも、エネルギー効率は格段に向上していくことになりますが、それだけではありません。部屋の中の空気の温度を変化させるということで考えると、エアコン取り付けの段階から意識していく必要が出てきます。

実際にエアコン取り付けができる箇所は限られてくるでしょう。スリーブ管が取り付けられている場所や専用回路が設置されており、コンセントがある場所にもなってきます。大事なこととして火災報知機よりも離れているということもあげられるでしょう。結果としてエアコン取り付けができるような箇所は、かなり限定されてくることになります。この中から、理想的な場所を考えていくことになりますが、電力効率がいい場所であり、風通しも意識できるところを選択していかなければいけません。

短辺側に置き背中に室外機が理想

エアコン取り付けで効率がいい向きは、まず部屋の短辺側というところになるでしょう。部屋の温度を下げるということがカギになってきますが、風が抜けていくことによって、面積が増えていきます。長編側に設置すると、風な直進しかできないため、すぐに壁にぶつかってしまい、効率が落ちてしまうことになるのです。短時間で部屋の温度を変えると考えれば、短辺側から空気を流していくことは、大きな効率化につながるといえます。

障害物があってはいけません。風がぶつかってしまい、流れをせき止めてしまうからです。空気の性質を考えると、冷たい空気は下に向かっていき、暖かい空気は膨張していることから天井方向に行きます。エアコン取り付け向きを考えることによって、循環させることもできるようになりますが、障害物をできるだけ排除しておけば、さらに効率をあげられるようになるでしょう。特に真下には障害物を置かないようにするだけで、効率は大きく変わります。

室内機の向きとして重要なのは、スペースを確保できるかどうかというところにもなってくるでしょう。室内機の上下左右に隙間を空けるというのもひとつです。なぜ隙間が必要なのかといえば、室内機は周辺の空気を吸い込み温度を変えて吐き出します。室内機の周辺に隙間がない状態になると、効率よく空気を取り込めなくなってしまうでしょう。これが効率を下げてしまうことにつながるため、向きを考えるときには、設置場所に余裕があるかどうかが重要になってきます。一般的には5cmは必要とされているため、寸法は事前に確認する必要があるでしょう。

向きとしては、室外機との関係もあります。室外機で冷たい空気を作ることになりますが、室内機との距離が長くなればなるほど、熱損失が起きてしまいます。配管がどんなに高性能になっても、その距離と比例して熱を失ってしまうことになるのです。短辺側に設置するとともに、できればその背面に室外機が置けるというところが、距離も短くできるようになることから理想的な配置になってくるでしょう。配置と向きを考えてエアコン取り付けをするだけでも、消費電力も抑えることができます。

ue reading »',

エアコン取り付け工事に見積もりは必要?


エアコンの取り付けをする場合、工事費用はどれくらいかかるか気になるものです。特にエアコンは、取り付けに際して追加料金が発生することが多いということも耳にしますね。工事会社によって基本料金や追加料金もさまざまで、安い業者に頼んでも大丈夫なのか、見積もりは取ったほうがよいのかなど様々な疑問が浮かんでくる人もいるでしょう。このサイトでは、エアコン取り付け工事の見積もりについて説明しています。安心して納得いく料金で取り付け工事を済ませ、快適な生活をする参考になれば幸いです。

訪問見積もりを取る

エアコン取り付け工事の見積もりを取る方法のひとつめは訪問見積もりです。ネットや電話で予約を取り、見積もりに来てもらいます。訪問見積もりは、無料の場合と有料の場合があります。有料の場合は3000円くらいまでのことが多いですが、料金は様々なので事前に確認が必要です。

ネットで一括見積もりを取る

引っ越し業者の選定ではネットで複数社の見積もりを同時に取るという方法が普及してきていますが、エアコン業者の選定についても一括見積が取れるサイトがあります。有料の訪問見積もりだと何社にも見積もり依頼したら結局その費用で工事が高くついてしまいますし日程を確保する必要がありますが、ネットで一括見積を取れば手数料無料で気軽に複数社比較することができるというメリットがあります。

また、一括見積もりでなくても、希望する業者でオンライン見積もりサービスを行っている場合も多くありますのでホームページをチェックしてみましょう。

見積もりは取ったほうがよいのか

見積り新規でエアコンを量販店などで購入した場合、訪問見積もりが流れの中に入っている場合とそうでない場合があるので購入前に確認したほうがよいでしょう。ネットでエアコンを買った場合や引っ越しでの付け替えなどの場合、必ずしも事前に見積もりを取る必要はありません。その場合、当日作業に来てもらってから見積金額を聞くことになります。作業開始前にざっと金額を教えてもらいます。

この場合、思っていなかった追加料金が発生する可能性のある事がデメリットですが、何度も知らない人を家に上げるのが嫌な人や忙しい人は一度で済んだほうがいいということもあるでしょう。見積もりを取らない場合でも、予約する際になるべく電話で、どのくらいの料金になりそうか、追加料金がかかる可能性がありそうかなど確認してみることをおすすめします。

最も納得がいくのは複数社訪問見積もり

人によって見積もりを取るメリット・デメリットは違いがありますが、一番納得のいく取り付け工事のためには、複数社の訪問見積もりを取ることをおすすめします。普段から使っているエアコンですが、その内部の構造など専門的なことは素人にはわかりませんね。それだけに、工事業者から「配管を取り換えないとガス漏れの危険がある」「十分に冷えないこともある」「これだけ汚れているとエアコンクリーニングをしたほうがよい」といったことを言われると、完全に納得できないながらも断りきれず思わぬ追加料金を支払うことになることも少なくありません。

そのためには複数社の意見を聞くことが一番です。基本料金が安く、一見安そうに見える業者でも、配管の1メートルあたりの単価が高く、かつ配管交換を強く勧める業者もあります。1社にしか意見を聞かなければそこで言われるリスクを考えて不安になってしまいますが、複数社に聞けば納得して選択することができます。見積もりが優良な会社に複数依頼すると高くついてしまいますが、最終的に納得して工事が依頼できるよう、出張料有料だからといって最初から避けるのではなく、一度検討してみてはいかがでしょうか。

ue reading »',