エアコン取り付け工事に見積もりは必要?


エアコンの取り付けをする場合、工事費用はどれくらいかかるか気になるものです。特にエアコンは、取り付けに際して追加料金が発生することが多いということも耳にしますね。工事会社によって基本料金や追加料金もさまざまで、安い業者に頼んでも大丈夫なのか、見積もりは取ったほうがよいのかなど様々な疑問が浮かんでくる人もいるでしょう。このサイトでは、エアコン取り付け工事の見積もりについて説明しています。安心して納得いく料金で取り付け工事を済ませ、快適な生活をする参考になれば幸いです。

訪問見積もりを取る

エアコン取り付け工事の見積もりを取る方法のひとつめは訪問見積もりです。ネットや電話で予約を取り、見積もりに来てもらいます。訪問見積もりは、無料の場合と有料の場合があります。有料の場合は3000円くらいまでのことが多いですが、料金は様々なので事前に確認が必要です。

ネットで一括見積もりを取る

引っ越し業者の選定ではネットで複数社の見積もりを同時に取るという方法が普及してきていますが、エアコン業者の選定についても一括見積が取れるサイトがあります。有料の訪問見積もりだと何社にも見積もり依頼したら結局その費用で工事が高くついてしまいますし日程を確保する必要がありますが、ネットで一括見積を取れば手数料無料で気軽に複数社比較することができるというメリットがあります。

また、一括見積もりでなくても、希望する業者でオンライン見積もりサービスを行っている場合も多くありますのでホームページをチェックしてみましょう。

見積もりは取ったほうがよいのか

見積り新規でエアコンを量販店などで購入した場合、訪問見積もりが流れの中に入っている場合とそうでない場合があるので購入前に確認したほうがよいでしょう。ネットでエアコンを買った場合や引っ越しでの付け替えなどの場合、必ずしも事前に見積もりを取る必要はありません。その場合、当日作業に来てもらってから見積金額を聞くことになります。作業開始前にざっと金額を教えてもらいます。

この場合、思っていなかった追加料金が発生する可能性のある事がデメリットですが、何度も知らない人を家に上げるのが嫌な人や忙しい人は一度で済んだほうがいいということもあるでしょう。見積もりを取らない場合でも、予約する際になるべく電話で、どのくらいの料金になりそうか、追加料金がかかる可能性がありそうかなど確認してみることをおすすめします。

最も納得がいくのは複数社訪問見積もり

人によって見積もりを取るメリット・デメリットは違いがありますが、一番納得のいく取り付け工事のためには、複数社の訪問見積もりを取ることをおすすめします。普段から使っているエアコンですが、その内部の構造など専門的なことは素人にはわかりませんね。それだけに、工事業者から「配管を取り換えないとガス漏れの危険がある」「十分に冷えないこともある」「これだけ汚れているとエアコンクリーニングをしたほうがよい」といったことを言われると、完全に納得できないながらも断りきれず思わぬ追加料金を支払うことになることも少なくありません。

そのためには複数社の意見を聞くことが一番です。基本料金が安く、一見安そうに見える業者でも、配管の1メートルあたりの単価が高く、かつ配管交換を強く勧める業者もあります。1社にしか意見を聞かなければそこで言われるリスクを考えて不安になってしまいますが、複数社に聞けば納得して選択することができます。見積もりが優良な会社に複数依頼すると高くついてしまいますが、最終的に納得して工事が依頼できるよう、出張料有料だからといって最初から避けるのではなく、一度検討してみてはいかがでしょうか。