エアコン取り付けの時に大切な向きの問題


空調機器は、単純に取り付ければいいというわけではありません。効率を考えた設置が重要になってきます。電気代のことを考えても、効率のいい方法を採っていくことによって、省エネにもつながるようになるでしょう。エアコン取り付けということでは、向きを考えていくことが効率化につながっていきます。位置と向きをよく考えながら、エアコン取り付けは考えていかなければいけません。

効率のいい向きは

空調機器エアコンの効率を考えていくと、その分冷えたり暖めたりしやすい使い勝手のいい条件となってくるでしょう。そうなると、その分電力消費もしないで済むようになります。新しいエアコンに変えたりするだけでも、エネルギー効率は格段に向上していくことになりますが、それだけではありません。部屋の中の空気の温度を変化させるということで考えると、エアコン取り付けの段階から意識していく必要が出てきます。

実際にエアコン取り付けができる箇所は限られてくるでしょう。スリーブ管が取り付けられている場所や専用回路が設置されており、コンセントがある場所にもなってきます。大事なこととして火災報知機よりも離れているということもあげられるでしょう。結果としてエアコン取り付けができるような箇所は、かなり限定されてくることになります。この中から、理想的な場所を考えていくことになりますが、電力効率がいい場所であり、風通しも意識できるところを選択していかなければいけません。

短辺側に置き背中に室外機が理想

エアコン取り付けで効率がいい向きは、まず部屋の短辺側というところになるでしょう。部屋の温度を下げるということがカギになってきますが、風が抜けていくことによって、面積が増えていきます。長編側に設置すると、風な直進しかできないため、すぐに壁にぶつかってしまい、効率が落ちてしまうことになるのです。短時間で部屋の温度を変えると考えれば、短辺側から空気を流していくことは、大きな効率化につながるといえます。

障害物があってはいけません。風がぶつかってしまい、流れをせき止めてしまうからです。空気の性質を考えると、冷たい空気は下に向かっていき、暖かい空気は膨張していることから天井方向に行きます。エアコン取り付け向きを考えることによって、循環させることもできるようになりますが、障害物をできるだけ排除しておけば、さらに効率をあげられるようになるでしょう。特に真下には障害物を置かないようにするだけで、効率は大きく変わります。

室内機の向きとして重要なのは、スペースを確保できるかどうかというところにもなってくるでしょう。室内機の上下左右に隙間を空けるというのもひとつです。なぜ隙間が必要なのかといえば、室内機は周辺の空気を吸い込み温度を変えて吐き出します。室内機の周辺に隙間がない状態になると、効率よく空気を取り込めなくなってしまうでしょう。これが効率を下げてしまうことにつながるため、向きを考えるときには、設置場所に余裕があるかどうかが重要になってきます。一般的には5cmは必要とされているため、寸法は事前に確認する必要があるでしょう。

向きとしては、室外機との関係もあります。室外機で冷たい空気を作ることになりますが、室内機との距離が長くなればなるほど、熱損失が起きてしまいます。配管がどんなに高性能になっても、その距離と比例して熱を失ってしまうことになるのです。短辺側に設置するとともに、できればその背面に室外機が置けるというところが、距離も短くできるようになることから理想的な配置になってくるでしょう。配置と向きを考えてエアコン取り付けをするだけでも、消費電力も抑えることができます。