エアコン取り付けのやり方を解説。自分で取り付ける方法も。


エアコン取り付け工事は結構費用がかさむもの。特に引っ越しで複数台ある場合などは、総額がかなり高くなってしまいます。電気工事に少し心得があれば、自分でやってみようかなと思う方もいるでしょう。実際に、自分でエアコン取り付けをすることは手順さえしっかり守れば可能ですし、法律に違反するといったこともありません。このサイトでは、エアコン取り付けのやり方について説明します。自分で取り付けてみようかと検討している方や、工事業者に依頼するけれど事前にどういった流れで取り付け作業がなされるのか知りたい方に参考にしていただければ幸いです。

エアコン取り付けに必要なもの

まず、エアコン取り付けに必要になってくる工具を挙げます。ドライバー、ペンチ、モンキーレンチ、六角レンチ、スパナ、パイプベンダー、トルクレンチ、電動ドリル、真空ポンプ、脚立、パイプカッター、フレアツール、コアドリルです。ただし、作業環境によっても異なってきますので、実際に作業に取り掛かる前に説明書をよく読んで確認してください。作業の途中で工具が足りないということになると危険です。次に、必要な部材として、配管パイプ、ドレンホース、プラブロック、化粧カバー、配管テープ、貫通スリーブ、エアコン配管用パテ、電線、ボードアンカーが必要です。これらの工具や部材は、普段から仕事でエアコン工事をしている人でなければすべて持っているということはないでしょう。工具については、購入してもよいですが、エアコン工事以外ではあまり使わないものもあるため、そういったものについてはレンタルすることをおすすめします。部材は必要なものを購入します。

エアコン取り付けの流れ

エアコン最初に、作業スペースを確保します。室内機をつける場所の周囲1.5メートルくらいはあけておいたほうがよいでしょう。室外機を置く場所の周囲も物をどけておきます。本体や部材を運ぶための導線となる通路も物がひっかかったりしないよう片づけておきます。実際の作業としては、まず室内機の取り付けから始めます。壁に背板を取り付け、次に配管を設置します。そして室内機を背板に取り付けて、室内の作業はまず終わりです。次に外に移動し、室外機の設置を行います。その後配管や配線の接続をし、ポンプを使って配管内の空気を抜く真空引きという作業を行い、ガスが漏れていないか確認します。そして安全が確認されたらガスを開放する、という流れです。

自分では取り付けられないケースもある

上述した流れは、基本工事といわれる標準的な工事の流れです。ですが、この基本工事では済まず複雑な工事になる場合、自分で取り付けるのは危険ですのでやめましょう。具体的には、室外機を壁掛けや天吊り、屋根置きといった特殊な方法で置く場合、鉄筋コンクリートの穴開けが必要な場合、隠蔽配管という配管方法の場合、電源の切り替えコンセントを増設する必要がある場合、大型のエアコンの場合などです。

工事業者に頼むか自分でやるか迷ったら

ここまで読んできて、自分でもやれそうだと思った場合、やってみるか工事業者に依頼するか迷うかもしれません。まず費用面で言えば、ざっくりと言って、1台の取り付けであれば、工具のレンタルや部材の購入をすると、結局業者に依頼するのとさほど変わらない金額がかかります。ですが、複数台であれば安くつく可能性があります。ただ、自分で設置する際に念頭に置いてほしいのが、自分で行った場合、もし作業が途中でうまくいかなかった場合でも設置後しばらくしてうまく動かなくなった場合でも自己責任だということです。自分で作業してしまったら、その後の作業を引き受けてくれない業者も多いですし、エアコンについている○年保障という保障も自分で取り付けたらききません。そういった点を考慮して、後悔のない納得のいくエアコン取り付けをしましょう。